ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2008年04月12日

浜村通信のゲームの話

ファミ通.comに浜村通信(浜村弘一:エンターブレイン社長)の記事がある

「世界規模でパラダイムシフトが多発、チャンスの到来か」――エンターブレイン浜村氏の定期セミナーにて
http://www.famitsu.com/game/news/1214648_1124.html

欧州(PAL地域含む)って、北米と同じ規模でゲーム産業があるんだな・・・
米国Xbox 360、英国プレイステーション3、日本Wii
日本はSDかよ・・・なんか未来が無いっていうか・・・
やっぱ日本は映像関係の権利とかが邪魔だなぁと思う(もちろん必要ではあると思うが・・・PS3の動画配信でも、日本は終わってるし・・・)

欧州ではカラオケソフトが大人気とのことだが、ギターのゲームとか音ゲーはどこでもブームがあるんだなぁと・・・・・
(日本でも一時期、カラオケマイクで歌うやつがあったが、知り合いは、ウルサイ!って近所の人に怒鳴り込まれたらしい)

PSPはやはりモンハン専用機か・・・・
色々と楽しいゲームはあると思うのだがなぁ・・・・
ていうか、買い替え需要で本体伸びてたらプレイヤーの数増えてないのか・・・・

確かに安いのは嬉しいが、何でも安くすれば良いってのは納得しかねる
3万でPS3を!ってのは・・・
価値あるものを、価値に見合った値段で買うというのも一つの選択だと思う
"安くなったから買う"と"安いから買う"では話がちがうし

安物買いの銭失い」なんて言葉もあるわけだし・・・・


posted by 風が吹く at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック