ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2007年11月07日

"昭和"を振り返るというか・・・・・

ニンテンドーDSの「放課後少年」
少年時代を振り返る的コンセプトとか、引越しまでの1ヶ月間とか、ぶっちゃけ「ぼくの夏休み」的なゲームだと思う・・・
(まぁべつにそれは良いのだけど)

主人公は小学校6年生
昭和50年の田舎町が舞台

放課後少年
http://www.konami.jp/gs/game/houkago/

最近こういうの"昭和"を振り返るのがたまにあるなぁと・・・
「ALWAYS三丁目の夕日」(昭和30年台)とか「地下鉄(メトロ)に乗って」(昭和39年?)とか映画でもあるし・・・・・

昭和50年ぐらいって「ちびまる子ちゃん」の時代だなぁと思った
今やってるアニメのちびまる子ちゃんは時代設定があやふやになってる感はするが確か昭和50年ぐらいだったはず

ぶっちゃけ私は、生まれてないので懐かしむも何もないのだが、こういうゲームは嫌いではない
この「放課後少年」がどの程度のものかは不明だが、「ボクのなつやすみ」よりもっと自由度が高ければなぁと思う
個人的には、"永遠に終わらない小学校6年生の放課後"のような感じで明確な終わり無く秘密基地を増設していけるようなのでも良いけど・・・

PS3の「ぼくのなつやすみ3」は私は買ってないが、ゲーム情報を見てる分には1年もしくは半年延期でもしてもうちょっと作りこんで欲しかった
あのキャラのままTPFのような視点で「かくれんぼ」とか「缶けり」みたいなゲームをオンライン対応でつけてくれれば盛り上がると思うのに・・・・・・
(かくれんぼはしたことあるけど、缶けりはしたことないです)

ちびまる子ちゃんのコミックに載ってる、ちびまる子ちゃん以外の漫画がなんか切ないなと思う・・・・・
ちびまる子ちゃんの続き?新作?が一部の新聞で連載してるらしいが、まだ読んだこと無い

posted by 風が吹く at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:3DS、任天堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック