ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2014年08月30日

これはダメだ! new 3DS LLが10月発売!(ゼノブレイドも・・・)

任天堂が、新機種 new ニンテンドー3DS、new ニンテンドー3DS LLを発表

 new ニンテンドー3DS: 16000円(税別)
 new ニンテンドー3DS LL: 18800円(税別)

を国内で10月11日に発売するようです
国内先行発売で、年内は発売するのは、日本のみのようです。

CPUなどの強化が図られてて、従来のニンテンドー3DSでは対応しない”新型ニンテンドー3DS専用のタイトル”があるようです
それの1つとして”ゼノブレイド”があるようです
このゼノブレイドもWiiの移植のようで、任天堂もソフト不足だなぁと・・・

まぁそれはいいとしても、これはダメなやつだ!と思う
昔のゲームボーイでもあったが、同じ名前を冠してて、対応ソフトがバラバラになるパターン
WiiからWiiUとかPS3からPS4とかならわかるが”ニンテンドー3DS”の頭に”new”ってつけただけで一見して”新しいバージョンの3DS”(まぁそうなんだけど)と思ってしまうネーミングで、対応ソフトが違ってくると、対象としてる子供たちに混乱を招く気がするがその辺はどうなんだろうなぁと・・・
(大の大人が、間違えたら、ちったぁ説明ぐらい読めよ!で終了だけど!)

まぁ、ボタンやスティックが追加されてたりするので、新しい遊びが出てくるのかなぁとは思うのでそれはそれで楽しみ!

面白いなぁと思ったのが、ブラウザのフィルタリング、はじめからフィルタリングが有効になってて、解除するには、クレジットカードの認証が必要!(手数料30円もかかる)

DLソフト販売以外のところでクレジットカードを登録させることで、DL販売のときの壁を1段低くしてるのかなぁと思ったり
とにかく、クレジットカードを登録させる可能性をあげてるのかなぁと思った
(解除してブラウザを使ってるならクレジットカードを登録してるのでポチッと押せばゲームが買える状態になってるってことなのかなぁと(まぁおそらく別に登録だと思うけど))

そして、前にも書いたが、なんでアダプターが別売りなんだよ!つけとけよ!あんなの同梱しても500円もアップしないだろ!と思うのだが・・・・(まぁ別売りで1000円だけど)

とりあえず上にも書いたが、新しい本体の登場は楽しいのだけど、ソフト不足だよなぁと・・・
発表のソフトが、Wiiの移植ソフトだし、小粒でいいので、new対応ソフトをどーんと出してほしかった

任天堂
http://www.nintendo.co.jp/3ds/index.html

CPUが変更! 新たにCスティックを搭載した「new ニンテンドー3DS」と「new 3DS LL」
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140829_664388.html

posted by 風が吹く at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:3DS、任天堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック