ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2011年10月28日

"無料ゲーム"に消費者庁が勧告を公表!!

いわゆる、"無料ゲームは○○"とかいって、アイテム課金のゲームを"無料"思わせて、客を集めてた性質の悪い商売に対してのはなし

よくニュースにもなってたが、携帯電話で無料ゲームと謳ってたのに、ゲームをしてたらアイテムが必要で、ボタンを押したら現金でアイテムを買うことになったというヤツ

子供がやって大量の請求が・・・とかあってそんなの、親の責任だろ!といつもの私なら言うかもしれないけど、コレはちょっと性質が悪いなぁと思ってる話

私は、パソコンでMMOなどをやってたりしてたので、"アイテム課金"って物は知ってた
一時期、大量にテレビ広告で"無料"ってのを売りにしてたが、何で利益を上げてるのだろうか?と思ってて、最初ゲームを無料で出して"広告"で利益を上げてるのだと思ってたら、普通のアイテム課金だったわけだが、PCのアイテム課金ゲームの場合は"基本プレイ無料"という表記を使ってたと思うのに、色々と問題になったのは"無料ゲーム"としてたから問題となってる

消費者庁のヤツをチラッと読んだ
"フリーミアム"の項目なのだが、これは造語でフリー(無料に)に、プレミアム(有料)をつけて商売するとかなんとかで、無料で客を誘って、有料のサービスでガッポリ!というやつ
とりあえず、景品表示法上"無料"で何が出来るのかを内容、範囲を明瞭に表示しましょうってだけの話と思う、気になる人は下にリンクあるので確認してください

なんていうか、いわゆるTVゲーム(携帯ゲームなど含めすべて)は、金を稼ぐ商売の一つであると理解してても、やっぱ作る側も、商品でありつつも、楽しませる作品として作ってるのかなぁと思うわけだが、こういうのは金を集めるために徹底してる感じで好きになれないなぁと思って、結局いまだにこういうゲームをやって無い

消費者庁ホームページ
http://www.caa.go.jp/index.html

“完全無料”はアウト? セーフ? 消費者庁がインターネット消費者取引の広告について勧告を公表 - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201110/28052743.html

posted by 風が吹く at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック