ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2009年11月14日

PS3"MAG"のパブリックβをプレイした感想とか

Image2041.jpg
数日前からPS3のFPS"MAG"のベータをプレイしてる
256人で戦えるというゲーム

とりあえずベイラー株式会社で開始した

βテストの応募の時に、ベイラーからの求人(?)という感じで、βを申し込む所で、ゲーム内の所属が違ったので、ゲームに影響するのかと思ったら、キャラを作る時に普通に属するチームも選べた
ベイラーのつもりで始めたので、とりえずベイラーを選んだ

操作方法などは、FPSのゲームで良くある操作になってて、Lで覗いて、Rで撃つって感じで、すんなりとプレイできる

私はFPSは苦手だが、このゲームは画面の揺れが少ないと思う
走ると揺れるが、それもそんなに酷くなく、酔いもほとんど無い
マップは人数によって広さが違うが、256人のはかなり広い

とりあえず今日の夕方は128人までのゲームしか選べなかった
βテストということで昨晩256人、その前は128、最初は64人とか言う感じなので負荷とかを見てると思う

上の写真の青い点が味方(256人対戦のときのマップの一部、写真外にも仲間はいる)
それと同じだけ、敵もいるので、他のPS3のゲームとかより圧倒的な感じ

倒したりしたらポイントが入って、レベルアップ(階級が上がる)がある

最初スナイパーライフルをメインにつかってて、武器強化ってのがあるので、これでスコープとか強化できるんだ!と思って、間違えてアサルトライフルのスコープを手に入れてしまった・・・・
この強化するポイントが、レベルアップで1ポイントもらえて、自キャラの成長の仕方を決めれる
(武器を強化するのか、回復系を強化するのかとか)

ゲーム中にアドバイスというのがあるのだが、その中に蘇生(仲間を助ける)ってのが経験値がもらえるとあるので、先に強化したのだが、仲間1人蘇生で3人倒す経験値がもらえる

このシステムは良いなぁと思った
"蘇生”能力を付けて仲間と前線にでて、仲間がやられたら回復、こちらがやられたら回復してもらうと、自分と仲間が同時に経験値を得ていける(ゲーム自体が、3社での競争(殺し合い)なので、仲間の強化も自分達の戦闘に有利になる)
さらに、その場で復活なので、戦闘にすぐに復帰でき戦力にもなる

開始した当初はスナイパーでやってて全然ポイント入らなかったが、前線で戦いつつ蘇生を積極的にしたら、400ポイントぐらい普通に入るようになってすぐにレベルアップするようになった
(といっても上手い人は、1回で1000点とか取ってる)

仲間を10回蘇生させれば150点、狙撃に専念して敵を27人倒しても135点・・・
Image2032.jpg
狙撃が好きなのだが、このゲームでは狙撃だけではレベルアップはキツイなぁと思った

でも狙撃の楽しさというか、他を狙ってる仲間のすぐ後ろに敵が・・"ズドン!"と助けて、後ろに敵が来てた仲間は後ろに敵が居たことに気づかず、撃ち続けてるなんてシチュエーションがなんどかあったが、楽しすぎる

なんこか武器登録できて斬りかえれるので、その場その場に合わせて切り替えるのが良いのかなぁと思う

復活の一つとしてパラシュートで、空から降りるというのがある
この復活は圧巻だと思った
すぐ近くに敵がパラシュートで来た時には、映画のワンシーンのような感じ

だが落下中も普通に撃たれるっていうか撃たれた・・・
逆に敵が降りてくる時に、遠くから適当に撃ちまくってたらヘッドショットになって倒せたとかあった

降りてくる所を狙ってやるとか思っても爆煙とかで見えなくなったり、敵から隠れて一息ついてても、ドカドカドカと空爆されて死んだり、戦闘機っぽいのが、銃撃してきたりと非常に面白い
やっぱ人数が多いというのは、こういうゲームとしては良いなぁと思う

このゲームの一番気になるのは、過疎になったらきついだろうなぁということかなぁと
1ゲームの人数が多いだけに、256人のマップで10vs10とかになったら敵を見つけられないと思う(まぁ、別のルールで少人数用のマップがあるから問題は無いのだろうけど)

どうでもいいが、こういうゲームをやってると、たまに集中しすぎてなのか、脳内麻薬が出すぎてなのか、敵の頭にピタッと狙いをつけて、倒す、次横のヤツにピタッと狙いをつけて倒すってのが続くヤバイ瞬間がある
あの状態を維持できれば・・・・

ラベル:PS3 ゲーム FPS 対戦 256
posted by 風が吹く at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:PS3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック