ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2009年09月21日

少年ジャンプなど漫画雑誌の処分、解体方法(個人的な保存方法)

Image1841.jpg
基本的に私は"モノを捨てれない"人間なので、なんでも取っておきたいのだけど、ジャンプなどの雑誌はスペースを取るため置き場所に困る
豊かな生活してれば、倉庫を立てて保存なんてことも出来るのだろうけど、そんなことは出来ないわけで、結局いつかは処分する時が来てしまう

まぁ普通にジャンプを捨てる時に、カラーページとか好きな漫画とかを切り取って保存なんて人も居ると思うけど、私はこうしてると言う話

私が保存してるのは
 表紙カラーページ目次読み切り作品 を大体保存して後は気に入ったシーンとかがあればその時の判断で


ジャンプの分解方法
 必要なもの:ドライヤー(温風)

ジャンプの背表紙にドライヤーを当てて加熱すると、背表紙を引っ付けてる接着剤が緩んで表紙が剥がせる

上のほうから順にドライヤーを当てて、表紙を引っぱりながら暖めて剥がしていくと良い感じにとれる
j0909001.jpg
(真ん中の写真のように、表紙と裏表紙を反対向きに曲げて、その間にドライヤーを当てると良い感じ)
ガンガンに加熱すると、すべるように剥れるが、そこまでしなくても、ジワーッと引っぱれば綺麗に剥れる

必要なページを取るための分解は、保存したいページから少し離れたページで折り曲げる感じで千切ると取れる(固い場合ドライヤーで暖めたら取れる)
j0909003.jpgj0909002.jpg
必要なページ+数ページ(安全のため)で外してから、不必要な部分を1枚ずつ千切る
カッターを使わずに必要ページが外せるので安全


この方法だと背表紙が綺麗に取れるので、去年はワンピース、今年はナルトで背表紙を繋げると絵になるってので集めてる人も綺麗に切り取れると思う
j0909005.jpg
あと表紙だけでも情報は結構ある
最近、連載開始した"賢い犬リリエンタール"は去年の秋に読みきりがあったんだなぁとか、"保健室の死神"の作者の前作は"MUDDY(マディ)"って作品だが、なんか主人公がどっちも、ちょっとキモイなぁとか・・・(まぁ、だからどうしたって感じで、個人の趣味の問題だけど)

表紙とカラーページだけなら、10冊が1冊ぐらいになるから、まぁ保存スペースはだいぶ省略されるかなぁと・・

ちょい昔に"片付ける技術"的な本が流行った時があったが"捨てて片付ける"なら誰でも片付くわけで・・・
"何も捨てずに片付けること"こそ究極だと思うわけで、捨てちまったら片付けじゃなくてただの処分だし・・・
まぁ人間、色々と切り捨てて行かないといけないと思うけど、とりあえずジャンプの中身を捨てても表紙ぐらい残してもいいかなぁと・・

posted by 風が吹く at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック