ブログの設定を変更していますので、表示が乱れる場合があります

2009年08月25日

"ほんとにあった怖い話"を見た 吾郎さん、吾郎さん

ほんとにあった怖い話をみた
まぁいうまでも無く、私はこういう番組が大好きだ!
最近めっきり減ってつまらないなぁと思う
数年前までは、夏と言えば、ホラー的な番組が何回かは放送されたとおもうのになぁと・・・・・

オチなしってのは、もう一つしっくり来ないなぁとか思ったり

憑いてるから気をつけてってのがあったが
何をどう気をつければいいのか教えてくれよ!ッて気がする・・・

とりあえず、ここから下は読む価値なしの無駄話です

除霊が本当が、ヤラセかは知らない(この際どうでもいい)
霊が憑くと言うことにも意味があると思うのだ
親しい人、祖父や祖母など近い親族、恨みを買ってるならまだしも、普通に接してきてる人の霊が憑くって事には必ず意味があると思うわけで・・・・・

それを、除霊してもいいのだろうか?
"はるな愛"の除霊ということで2段3段構えでやってた
知り合い、親族、赤ちゃんをおとして、次に生霊
自分に関係のある最初の3人が何かを守ってた可能性は?

除霊中に"何でもあげる"から"言いなさい"と言ってたが、命をとられる可能性は?
例えば憑いてるのが高レベルの悪魔とかで、自分から"何でもあげるから、言え"といってやっぱ無理とかどうなるの?
(悪魔に日本語で話しかけるのか?と言う話は置いておいて・・(霊力で話てるから言葉は関係ないというのもあるらしい・・・イタコは英語の人も日本語になるとかなんとか))

いつもならこういう話のときは"地獄先生ぬ〜べ〜"云々というのだが、今回は"GS美神 極楽大作戦!!"(椎名高志)
守銭奴の美神さんが、悪霊を退治する漫画
最近だと"絶対可憐チルドレン"を描いてると思う

除霊の話の中にこういうエピソードがある
霊がいたので、すべてを除霊して、クリーンにし過ぎて、妨害するものも何も無い空間を作ったため逆に、大量の悪霊を呼び寄せる
というエピソード
(人間の体からすべての"菌"を無くしてしまっても大丈夫か?と言う感じ)

"はるな愛"からすべてを除霊してしまったが、3体も霊がいたので他の霊が"取り付く島"がないと言う状態で、悪い霊から守られていたと言う可能性は無いのか?と言うことです

こういう話は、面白いなぁと思うが、全く意味も利も無いなぁと思ってる冷静な自分が居るような居ないような・・・・

ほんとにあった怖い話
http://www.fujitv.co.jp/honkowa/


posted by 風が吹く at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック